世田谷の注文住宅メーカー

世田谷の注文住宅メーカーはどこがいいのか?

注文住宅の基礎知識:住宅工法の種類

注文住宅の工法はいくつかの種類に分かれます。住宅工法には木造軸組み工法と2×4工法があり、さらに、軽量鉄骨工法とコンクリートパネル工法があります。工法の違いは生産方式の違いと大きく関わります。ハウスメーカーは得意とする住宅工法が定まっているので、会社の特徴を見分けることが大切です。木造が得意な会社に鉄骨を注文しても、良い住宅はできません。それぞれの専門性に合わせた注文をするのが良い住宅をつくるコツです。一般に工務店は木造軸組み工法が得意で、ハウスメーカーは2×4工法や軽量鉄骨工法を得意としてます。

 

木造軸組み工法は、地元の工務店が得意としています。大工による伝統的な手法が用いられているので、信頼性の高い工法と言えます。耐震性の確保は筋違いによるのが一般的ですが、耐震性を高めるためには法律で定められた以上の数量を設置する必要があります。最近は剛性を高めた床の設置が一般的で、直下率の向上も耐震性を高めます。木造軸組み工法で施工するには熟練した大工が施工する必要があります。そのため、生産コストの削減を目指すハウスメーカーは、2×4工法や軽量鉄骨工法により住宅を建築するのが一般的です。木造軸組み工法は増改築が比較的容易にできるメリットがあります。工務店に共通の工法を用いるために、将来工務店を替えた場合でも施工が可能です。

 

2×4工法は壁や床の部材を標準化し、工場での生産を可能とした工法です。部材そのものは木造軸組み工法よりも細いものを用います。初期の耐震性は高く、大きな地震にも建てることができます。しかし、湿気の多い日本の気候では劣化が進みやすい特徴があります。長期の耐久性では木造軸組み工法に劣るのが専門家の見方です。軽量鉄骨工法は合理的な構造が可能です。所定の目的を達成するために、材料は極力細くされます。ハウスメーカーの多くがこの工法を採用しているんのも、生産コストを抑えることができるからです。

注文住宅に必要な住宅ローンとは

注文住宅を行う際に利用することが出来る住宅ローンとは、高額な住宅を建築したり購入したりするために使用するローンのことであり、厳正な審査を通過して利用することができます。また、福岡では住宅ローンを頻繁に使用しているケースが多いです。住宅ローンを利用するためには、事前に金融機関による審査を受けなければなりません。特に借金をすることになるので、支払能力があるかどうかは特に注意されて確認されます。例えば、借金を支払うために仕事を行っているかどうか、担保に出来る資産があるかどうかなどを調べられ、適切であると判断されればローンが許可されます。一般的な会社員として正規雇用の労働者として働いているのであれば、問題なく審査に合格することが多いですが、非正規の雇用者であったり、過去に借金を踏み倒した経験があるのであれば、審査が不合格になってしまうこともあります。また、自己破産をしたことのある方は、問答無用で審査に落ちてしまうことが多く、その情報は金融機関のデータベースに登録されているので、どのような機関から借り入れを要請したとしても、許可されないことが多いのです。審査に不合格になった場合は住宅ローンを利用することは出来ません。その場合は、親族からお金を借りるか、自分で資金を用意する必要があるので注意しましょう。また、一般的な住宅ローンは消費者金融等が提供するものよりも利息が低く設定されている点が特徴的です。それだけでなく、長期間でのローンの支払いになることがあるので、安定した職種である公務員などが優先されて審査に通ることが多いでしょう。現在では、地方を中心に住宅価格や地価の下落によって、一括払いで購入する傾向が多く、バブル期の頃よりはほとんど利用されていませんが、都心では人口の集中により、ますます地価が値上げされているので、若い世代を中心に注文住宅を建築する際に、住宅ローンを組んでいることが多いです。

注文住宅で狭小住宅を建てるポイントとは

家造りにおいて自由度の高い注文住宅では、快適な狭小住宅を造れるポイントがあります。
一つはまずスペース的に制限されることで、無駄なくスペースを確保したり活用する必要性です。
横方向は土地面積から制限があるので、縦のスペースを有効に活かすことがポイントとなります。
デッドスペースの発生は大きなマイナス用意ですから、少しの無駄も生まないつもりで収納スペースを造るのが理想的です。
もう一つのポイントは、お隣との距離が近く音が伝わりやすいことから、いかにして防音性能を高めるかです。
壁を外側に厚みを持たせるのは不可能なので、内側に音が伝わりにくくなる防音層を造るのがコツです。
また夏の空調設備が欠かせない地域では、エアコンの設置スペースの確保も見逃せないポイントです。
狭小住宅で問題となり得るのは主に室外機の設置です。
室外機は外に設置するので、注文住宅においても必然的にスペースが必要となります。
問題はスペースだけでなく、排出された熱気の通り道や熱がこもらないかなどの懸念もあります。
熱気がお隣の外壁を伝って通り抜けると、お隣から熱いと苦情が出てくる恐れが強まります。
更に熱のこもりが発生すると、辺り一帯の気温が上昇して夏の快適性に影響を与えます。
熱は上に抜ける性質がありますから、この性質を活かして熱が伝わりにくくこもらない、そういった注文住宅を設計することが大切です。
狭小住宅は土地の制約的に、縦方向に移動する形の設計で住宅機能を成立させようとするものです。
階段や段差が増える結果に繋がるので、疲れにくい移動ルートを上手く設計するのも、狭小住宅における注文住宅設計の腕の見せどころです。
縦長になりがちな狭小住宅では、地震に対する耐久性、そして信頼性を確保することもポイントに加わります。

必然的に重心が高くなってしまうので、2階以上の家を造るのであれば、土台をしっかりと固めて揺れにも備えることが肝心です。
工夫が問われる狭小住宅ですが、注文住宅ならアイディアと設計次第で、通常より快適な家を実現することも可能です。

注文住宅の注文から完成までの流れを学ぼう

注文住宅を注文してから実際に契約を決めるまでの流れをきちんと把握しておくことは、良い物件を入手するために非常に大切なことです。基本的に、最初に行わなくてはいけないのは見積りをきちんと出してもらうことです。住宅の建築を依頼する場合には、どの箇所にどの程度の費用が掛かるのかを具体的な内訳で提出してもらう必要があります。これは、後から無駄な費用を支出することを避けるためでもあります。注文住宅というのは請負契約という契約を締結しなくてはいけないものです。どれだけ口約束で約束を行っていたとしても、紙面上の契約の効力が最優先となります。契約上に書かれていないことに関しては何の意味もありませんので、見積りに関してもきちんと書いてもらう必要があります。その上で、正しい内容なのかを判断して契約を締結します。実際に、一言で注文住宅とは言ってもプランは様々です。このプランの選択は、注文住宅にとってとても大切です。プランの変更は、契約を締結してしまうとなかなかできなくなってしまいます。注文住宅に限らず、不動産売買に関連する契約は、中途で開発をすると非常に大きな違約金を支払わなくてはならないことが多いです。一般的な不動産売買では、解約手付という手付金を支払っておいて、契約が中途で終わる時にその手付金を放棄しなくてはならないというルールがあります。注文住宅も同様で、建築には大きなお金が必要になるわけですから、プランや費用面で何らかの疑問があるときには必ず契約を行う前に確認しておくことです。それが終わると、住宅ローンを利用するかどうかの話になります。建築確認申請と住宅ローンの申込を行うことによって、注文住宅を依頼した会社が代行で手続きを行ってくれます。返済期間や返済の負担などを考慮して問題がないのかを確認することです。工事に日程が決まったら、建物が完成するまで待つことになります。その後に、実際に建物を引き渡してもらえれば終わりです。

注文住宅と建売住宅の違い

住宅には注文住宅と建売り住宅があり、それぞれに良さがあるので、自分が何を重要視しているのかを明確にしてから住宅購入をするとメリットを最大に生かせます。注文住宅というのは基本的には自分たちで間取りを決められたり、家を建てる時に使う素材などを選択できます。建売り住宅の場合には家を購入する時にすでに家が完成しており、一戸建ての家をそのまま購入することになります。この場合には住宅価格には土地購入の価格も含まれており。土地と建物がセットになった状態で売り出されています。注文住宅の場合には土地の購入と家の購入が別れていることもあり、その場合には家を作る前に自分たちで土地の購入を済ませておかなくてはいけません。土地の購入をする時にすでに家を建てる業者が決定している時には、どのような家を建てたいかということを参考にしながら土地の購入を考えることになります。この時に建てたい家が決まっているのに、土地の大きさが足りなかったり、条件が合わなかったりすると、注文住宅を建てようと思っても、希望通りに家が建てられなくなることがあるので注意が必要です。家を建てる時には必ず土地が必要になりますが、建売り住宅の場合にはすでに土地も含まれた商品になっているので、時間や手間が省けます。また建売り住宅の場合には土地の購入をした不動産業者が家を建てることが多いので、余分なコストがかからず、土地と家を別々に購入するよりも安く済ませられます。こういった違いがあるので、時間をかけてでも自分好みの家を作りたいという場合には注文住宅が向いていますし、なるべく安く家を購入したいと思っている場合や、細かい好みはそこまで重視しないという場合には建売り住宅が向いています。それぞれに良さがあるので、自分たち家族が何を重要視するのかを考えてみると、どちらが適しているかがわかると思います。家は何度も購入するものではないので後悔のないように慎重に決めましょう。