3月 162012
 

【運営委員思いを語る】

 この会の活動が始まってから NPO としては、3月で約 1 年 4 ヶ月が経ました。少々欲張った計画をこなすのに、 無我夢中だったかも知れません。でもお陰様で皆の力を 合わせ、何とか計画通りに初年度を終了出来ました。こ の間、地域密着型をモットーにいろいろな方々と知り合 い情報を頂いたり、こちらからお願いに上がったりと、 良い関係が出来た事が始めの年としては一番良かった事 だと思っています。今後も楽しいプランを作り、同時に 夢も描きながら進んで行こうと思っています。そして世 田谷らしい、自然を感じながらのライフスタイル環境が 出来たら良いなと思います。(T•S)

 東日本大震災から1年、環境のこと、エネルギーのこ と、社会貢献、コミュニティについてさまざまな想いを 巡らせてきました。二子玉川の街は、駅前ショッピング センターなど、ハード面が整備され沢山の人が集まる便 利でおしゃれな街になりました。その一方で、二子玉川 らしさというものが失われつつあるようにも感じます。 二子玉川の文化や個性を大切に育みながら、ずっと住み 続けたい街を自分たちの手で作っていきたい。エコタウ ンの活動を通して、地域の課題に取り組み、街の人々と 一緒にこの街らしさを追求し、環境に優しい、人にやさ しい、集い楽しみ、緑いっぱいの街を作るお手伝いがで きたらと願っています。(M•W)

私達の活動も 2 年目を迎え、多くの方々からの励まし や支えを戴きながら、活動できたことを改めて感謝して おります。この数年で、玉川の街も大きく変容し、かつ て多摩川のほとり一面に綺麗な桃畑があったとは、想像 し難い状態です。その頃の子供達は、のびのびと自然を 謳歌して遊んでいたことでしょう。次世代の子供達が、 また自然と親しむことができる玉川であってほしい・・・ ただその想いで、これからも玉川の自然と環境保全のた めに、活動してまいります。(M•F)

 エコタマは主婦が中心のグループです。毎日忙しい時間 の中から この街の為に出来る事をやろう!という意志 とエネルギーに溢れた人達です。1ケ月に2回、皆で集ま り、次の計画を立て、段取りを決め、担当者を決めて、そ れ!私は、会社務めの為、なかなか時間が自由になりませ ん。私に出来る事はほんの少しですが、何か出来ると言う 事は嬉しいものです。メンバーになってもう一つ嬉しい 点は、二子玉川の地域を今まで以上に知る事が出来たこと。 この地で生まれた人、小学校に通った人~いろんなメンバ ーの情報はさすが!です。歩けば歩く歩ほど、この街には 楽しい事、場所、お店そしてまだまだ緑がたくさんありま す。ただ残念なことに、年々、緑と土が減っています。こ の街に歴史を残すものも次々に姿を消しています。ナムコ があった場所のイチョウ並木、バス停前の大きな木、玉川 沿いの桜、竹林も伐採されました。今の緑の記録とウォー キングに使える様にと、間もなくGreen Walking Mapが完 成します。お楽しみに!(K•T)

東日本大震災が起きてから1年、誰かを犠牲にして利 益を獲得して行くという考え方から、許される範囲と言 う事を考える考え方に転換して来た様に思う。原子力発 電という危険と隣り合わせのエネルギーの源は、許され る範囲を大きく逸脱していた。その為に、発電所から3 0km圏内の人々は、わが家を失うと言う大きな犠牲を払 ってしまったのである。都市における開発問題も同じだ と思う。問題が大きくなると、開発そのものが問題であ ったと結論付けられる。今迄の犠牲を、誰が責任を取る のか?住民に取っては、開発によって利益が得られ、均 衡が取れているだろうか?結果が生じた時に、許される 範囲を大きく逸脱しない様に、仲間と共にこの街を考え て行かなければならない。(S•A)

 昨年度自然環境教室「ミツバチの警鐘」開催のすぐ後 に東日本大震災がおき自分の暮らし方を考え直す必要 を感じながら、今年度のこの会の活動をどうしたら良 いか迷いがありました。そして、震災のすぐ後に、二 子玉川駅前に大商業施設が完成しました。便利で新し く、より賑わいのある街となりました。たくさんの緑 は失われましたが、それを嘆くことも贅沢かなと感じ ています。本当に住みよい街、住み続けて行きたい街 とはどんな所だろうと考えました人それぞれ違うでし ょうが、私は緑豊かな環境を第一に考えていました。 震災以後、自分たちの廻りの自然を大事にしつつ、近 隣に住んでいる方たちとのふれあいも大事にして行く ことが、心地よい街そして安心して住める街になって 行くだろうと確信しました。今年度の活動もそのこと を大切にしながら活動しました。活動も色々な展開を してきています。もつと沢山の方に参加していただき、 自分たちの街を今住んでいる人達が少しでも良くして 行けたらと考えています。(M•T)

 強大な自然に囲まれて人が生きている事を、自覚させら れる出来事~でも、何も変わらずに過ごせる日常に感謝も なく直ぐ他人事。TVを凄い!凄い!と言って見るだけ~ 自然があって人がいる、人があって自然が守られる。その 理想が実現する様に願いながら、小さな力も少しの緑化も 心や思いを込めて活動して行きたい。主催した自然環境教 室で自ら興味を持った事、深く学んだ知識を地域の方々と 幅広い年齢層の人々にお伝えするべく、ずっとずっと続け て行きたい。(Y•A)

Sorry, the comment form is closed at this time.