4月 072012
 

横浜の山手には6軒程西洋館が残され公開されていますが、少し離れた石川町の小高い山は、以前イタリア大使館があり、イタリア山と呼ばれています。現在ではボランテイアの手により庭園が整備され、8年程前に横浜市が移築した西洋館が二棟建っていて、雰囲気を出しています。二棟は時代的にも違い、面白いと思いました。尚頂いた「山手通信」に依ると、横浜市が指定している「名木古木」は1000本程。多い順に、ケヤキ•銀杏•タブの木•スダジイ•シラカシ。山手ではヒマラヤ杉がいろいろな場所で見られるそうです。

「名木古木」の指定基準は
①樹齢がおおむね100年経っている事②隣地へ著しく越境しない事③市民が容易に鑑賞出来る事④公有地においては街路樹でない事⑤地際から1.5mの高さの幹の周囲が1.5m以上⑥高さが15m以上だそうです。

Sorry, the comment form is closed at this time.