7月 052012
 

先月、東北被災地(南三陸、気仙沼、陸前高田)を、岩手の親戚の案内で廻ってきました。海岸に近い地域の惨状を目の当たりにし、言葉を失いました。壊れた車の山積み、土台だけ残された住居跡、鉄骨だけになってしまった建物、海水が浸かった田畑、塩害で立枯れの杉林、道路脇に放置された漁船・・・・痛ましい光景の連続でした。まだまだ復興には程遠い現実でした。様々な困難の中で多くの方が今もなお生活されていることを、私達は忘れてはならない!そして、少しでも復興への手を差し伸べていきたい!と強く感じました。

Sorry, the comment form is closed at this time.