11月 042012
 

街に緑をと活動を始めて改めて「みどりの力」を感じています。単に緑があると「みどりに癒される」或は「見た目にきれい」だからと考えがちですが、緑がツールになって会話が生まれたり、ご協力者が出たりと緑が重要な役目を街に作ります。交通広場では手入れをしていると、一日の仕事を終えた工事現場の人達が話しかけてくれます。プランターには朝一番でお水をやって下さる現場監督がいます。他にも通りがかりの方が話しかけて下さり会話が生まれます。新たな場所では、植栽場所に水の設備がない為に近くの自転車屋さんからお水の提供を頂ています。様々な助けがあって成り立つ街の緑化です。

Sorry, the comment form is closed at this time.