4月 282012
 

ちょっと温かい3月31日は時折小雨と強い風が春を感じさせてくれる日でした。石井先生に代わって朝山まり子先生が講師をして下さいました。まずびっくりしたのはあるお店の前のハーブです。通る人に香りが楽しめるように時期や種類で工夫されているとの事。原産地もコストも心のこもった一角であるとのことでした。

2回目だから余裕を持って様子を撮影しようと張り切っいましたが、またまた朝山先生のお話に引き込まれました。春はさくら、サクラと目が桜にばかり行きますが、花の咲かない木はないと。柳に小さな黄色い花が風に揺れてカラスも鳩も椋鳥も止まって眺めていました。小坂邸に新しく植えられたカタクリの群生にも小さい花。わぁわぁと足を進め岡本民家園で残念ながら時間になりました。最後のサプライズは丸子川の岸辺に群生してた野生のクレソン。ちょろちょろと崖から流れがある場所にこれが?と生えていました。誰かに何だか聞いた見たを伝えたくて、上野毛の自宅の前の丸子川を覗いたら、ありましたありました。国分寺崖線からのわずかな流れが注ぐ所に発見。早速お向かいの奥様にピンポーンしてうんちくを聞いて頂き、私のグリーンウォーキングその2はますますこのエリアが大好きになって終わりました。

Sorry, the comment form is closed at this time.