スマホ決済

財布を持たない生活を始めるためのやり方や種類・困ったことをまとめて解説

財布を持たない生活術

この記事では財布を持たないキャッシュレス決済を利用して、現金を使わない生活を始めるやり方を紹介しています。

ショッピングをするとき財布を持つと、かさばりますよね。あまり使わないポイントカードが財布の中にたまっている方も多いのではないでしょうか。

今回は、財布をできるだけ持たずに、スマホ決済で生活してみた経験から、正直な感想をお伝えします。

財布を持たない生活のやり方


財布を持たないで生活の中で消費行動をしていくには『現金の代わりになる決済方法』が必要です。

現金の代わりにすること

  • スマホで決済をする
  • カードで決済をする


結論から言うと財布を持たなくても「クレジットカード」や「スマホ決済」を利用すれば生活は可能。

例えば、PayPayを使ってお支払いをしたりですね。それぞれ見ていきましょう。

スマホを使って決済をする


財布を使わないで生活をするやり方の1つ目は『スマホを使用して決済する方法』です。

  1. バーコード(QR)決済
  2. キャリア決済


スマホの画面にQRコードを表示してお店側に読み取ってもらうバーコード決済や、契約しているスマホの通信料金と一緒にまとめて支払うキャリア決済などが有名です。

正直、スマホ決済があればほとんど現金はいりません。


具体的に「スマホ決済って何を使うの?」と思う方はスマホを財布代わりにできる?おすすめ決済アプリと特徴を完全解説で紹介しているので参考にどうぞ。

カードを使って決済をする


財布を使わないで生活をする方法2つ目は『カードを使った決済の方法』です。

VISAやJCBなどの国際ブランドだと、国外でも利用することができるので便利。


国内だと、ほとんどのお店がカード払いに対応しているので、電気・公共料金、保険、その他の買い物にも使えます。

ただ、クレジットカードはつい使い過ぎてしまうので、使うカードは少なくするべきだと思います。


関連エポスカードの審査は瞬殺される?特徴やメリット・デメリットを解説

財布を持たないキャッシュレス決済の種類

電子マネーを使っている


ここまで簡単に現金以外の支払いについて紹介してきたので、より詳しくキャッシュレス決済ついて見ていきましょう。

キャッシュレス決済について簡単にまとめると、クレカ、タッチ型決済サービス、QRコード決済、交通系ICカードなどの総称のこと。


国内では経済産業省が、2025年までに4割程度キャッシュレスを普及しようと取り組みを行っています。よくキャッシュレス関係のキャンペーンが行われていますよね。

えこたま

まずはキャッシュレスの種類について見ていきましょう。

  • 前払い
    プリペイド式の決済
  • 即時払い
    銀行から瞬時に引き出し
  • 後払い
    後から請求してもらう



大きく分けてキャッシュレス決済の種類はこの3つ。

それぞれ「前払い」「即時払い」「後払い」によって使えるサービスが違います。

前払いで支払う種類


前払いで支払うには、コンビニなどから事前に現金をチャージしておくことが必要です。

支払いの種類前払い(プリペイド式)
サービス例Suica、ICOCA、nanacoなど
特徴コンビニや銀行残高からチャージする
メリットチャージした金額だけ使用できる

前払い式のメリットはチャージした金額分しか買い物に使えないので、使い過ぎが防止できます。

財布の代わりにカードを使うイメージと考えればOKです。

即時払いで支払う種類

即時払い決済は、チャージをする必要がなく、すぐに銀行口座からお金が支払われます。

支払いの種類即時払い(ジャストペイ方式)
サービス例ゆうちょPay、J-Coin Payなど
特徴デビッドカードと同様の仕組み
メリット口座に入っている額のみ利用できる

即時払いを使うとリアルタイムに支払いが行われるので、口座の残高を確認しておかないといけません。

後払いで支払う種類


最後の種類は、後払い方式でこちらは決められた日に料金が引き落とされるしくみです。だいたい月末くらいに決まっていることが多いです。

支払いの種類後払い(ポストペイ方式)
サービス例PayPay、au Pay、d払いなど
特徴クレジットカードなど、審査が必要な場合がある
メリットお金の持ち合わせがなくても購入できる

後払い方式を利用することでクレジットカードのように先に支払いを立て替えてもらうことが可能です。

PayPayやau Payを使えばキャリア決済で支払いを行うこともできます。

財布を持たずに実際に生活できるのか

スマホで支払いをする

ここまで、支払いの方法や種類をお伝えしてきました。

でも、本当に財布なしで生活できるのか不安な方も多いと思います。

ここでは、キャッシュレス決済の不便なところや、対策方法をまとめました。

よくある質問

  • 現金がどうしても必要なときは?
  • 災害が起きたりしたときは?


この辺りについて簡単に説明しておきます。

現金がどうしても必要なことがある


できるだけ財布を持たずに生活をしようとしても、老舗のラーメン店などはキャッシュレス決済に対応していないことがあります。

そのため、最後の手段として現金を使うようにするのがおすすめですよ。

いざという時に備えて、最小限のポイントカードや現金なども携帯しておくのがベストです。


完全に財布を持たないようにするのは難しいことがあるので、スマホカバーにカードを入れる工夫をするのもアリかもしれません。

スマホの裏に小さなケースを貼りつけると見た目もおしゃれなので最高ですよ。

それでもカードがいっぱいあるなら、Apple Walletなどにポイントカードをまとめればスッキリしますね。

海外への旅行に行く際やちょっとした買い物をする際には、「エポスカード」を一枚持っておくと便利です。

急な災害が起きることを想定しておく


急な災害が起きることを想定しておくことも、キャッシュレスを使用する上で大事なポイントです。

世界中でキャッシュレス化が進んでいる中、災害によって停電やネットワークが不安定化したら買い物ができなくなる恐れが。

えこたま
財布なしとは言っても、カードは持っておいた方が良さそう!

完全にウォレットレスに取り組むと少し怖い気がします。

まとめ:財布なしでも快適に生活できる


今回は、財布なしでも現金を使わないで生活できるのかというテーマについて紹介をしました。

コンビニなどでスマホをかざすだけで簡単に買い物ができる魅力的なキャッシュレス。

結論は、災害や現金をどうしても使わないといけない場面では弱いところがあるということ。


完全に財布を持たない選択ではなく、できるだけ持ち物を減らすというスタンスがおすすめです。

ぜひとも快適に消費生活を楽しんでいきましょう!



-スマホ決済